Home » 未分類 » ペニスの包茎手術は男に必要か

ペニスの包茎手術は男に必要か

そこで私は、名人と呼ばれる割礼者はけっして亀頭の縁の下を除去しないことを確認しました。彼は小さな男児の包皮をちょっと引っ張ってはさんでとめ、鋭利なメスで余分な包皮を切断します。
デリケートな性感帯の感覚が損なわれることはまずありません。
もちろん割礼以後は、亀頭もその縁も包皮で保護されることはなくなります。露出した亀頭は、性的刺激を受けたときに分泌する液体も含めて、包茎の男性ほどは濡れなくなります。
一般的に言えば、感覚も多少は鈍くなるかもしれません。しかし、性交のときに勃起しないなどということはけっしてありえません。
たいていの場合、感覚が少し鈍くなるのだとすれば、早漏に悩む男性に包茎手術をするというのはどうでしょうか。いいアイデアといえないでしょうか?亀頭の感度が鈍くなれば、挿入している時間が長くなるんじゃないかと思います。
いや、まったくそうはならない。早漏という問題はそう単純ではないのです。そのテーマでは別の機会に設けることにしたいね。
あなたの質問に答えておけば、早漏の原因が包茎の感度過剰だけということはほとんどありえないと言っていいのです。
この問題を解決するために包茎手術を勧めたりすれば、いろいろな幻想をいだかせたうえに、手術後にたいへんな幻滅を味あわせることになってしまうでしょう。この忌まわしい早漏というやつはほかの方法で処置するべきもので、手術ななんて考えないほうがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>