Home » 未分類 » 亀頭先端の感覚

亀頭先端の感覚

ペニスを鍛えるトレーニング方法は他にもあります。この渋滞という最悪な事態を少しはましなものにしてくれます。他の運転者に対する攻撃的な気分をなだめてくれるし、たぶん空想も膨らむでしょう。それに、このトレーニングは家で私たちを待っている愛しき家族のためにもなります。
それは素敵なアイデアですね。まあ渋滞はそれほど長くない方がいいのですがね。そこで、今度は全く別の話題にしましょう。
包茎手術をすると、場合によってはペニスの感覚が鈍感になるのは本当かと思います。私自身はかなり徹底的な包茎手術を受けたが、鈍感になったとは思わないんです。本で読んだことがありますが、アメリカでは幼児あるいは青年期の包茎手術を受けた人たちで性的能力が衰えた、あるいは少なくともペニスの先端の感覚が鈍くなって性行為をする気が減退したと主張する人がかなりの数いて、自助組織を作っているそうです。
そういう苦情があるのは事実です。すでに言ったように、亀頭の下端はさわられるととくに敏感に反応する場所です。
中年になると、いきまないとおしっこが出にくい、夜中に何回もトイレに行きたくなって起きてしまう、など排尿にかかわる悩みを抱える人が増えてきます。その原因には、男性特有の臓器である前立腺がかかわっている場合が少なくありません。
前立腺は、膀胱のすぐ下、尿道のスタート地点付近に尿道を取り囲むように位置しています。
前立腺を貫通する尿道を前立腺部尿道といい、前立腺部尿道は前立腺の後ろ上方にある精嚢から出ている管とつながっています。
また前立腺の下にある外尿道括約筋という筋肉は尿がもれないように調整する働きを担っています。
このことから、前立腺は排尿に深くかかわっています。
体の正面から見ると、前立腺は陰茎の付け根の少し上にある骨のほぼ真後ろにあります。そして、前立腺の後ろ側は、便の通り道である直腸と接しています。つまり、前立腺は恥骨と直腸に前後を挟まれているような位置にあるわけです。
前立腺は、栗くらいの大きさで、重さはおおよそ15グラムほどという小さな臓器です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>